• 徹底排除宣言

【キャストに警鐘】女性向け風俗利用…「本番営業ってあるの?」

女性向け風俗が徐々に世間に知られ始め、店舗数が増加傾向にある最近、利用しようか迷っている女性もいるだろう。

でも、やはり気になるのが「本番」(セックスの挿入のこと)。密室に男性と2人きりになるのだから・・・。断れなかったら・・・。

法律上本番行為は禁止

女性向け風俗では、本番行為は禁止とされている。

キャストは、女性にマッサージや性感を行い、気持ち良くさせ癒すことが目的なので、挿入することはルール違反である。

女性の中には、セックスしたいがために、キャストを呼び挿入を迫る客もいるそうだが、基本的にNGなのだ。

これは、男性より力の弱い女性を守るための法律でもある。様々な犯罪と問題を防ぐ上で重要だ。

客側もそれをわきまえて利用しなければならない。セックスするためではなく、癒されるため、発散するために利用するのだ。

実際のところは・・・

施術は密室なので、本当のところは客とキャストの2人にしか分からない。

公私含めて数多くのキャストと会ってきた筆者自身の経験から言うと、中には挿入したそうにしていたキャストもいたし、ゴムを付けようとしていたキャストもいた。

大して性感もせず、クンニは少々、それで「おちんちん欲しい?」というキャストがいたが、そんなの言語道断。

キャストが自身の性欲を満たそうとする姿が見えた瞬間、客の女性の大半は気持ちが萎える。

基本的に挿入は無し。ルール違反なのだ。

貴女はNOと言っていいし、言うべきだ。

キャストAに本番について聞いてみた

キャストAは中堅で、テクニックがありそれなりに客を抱えている。落ち着いた雰囲気の持ち主で、テクニックがあるので性感だけで満足できるし自身から挿入を迫るタイプでもない。決して本番営業するような人ではない。

しかし、そのキャストAでさえ、求めてくる人はいた、そういうのが欲しい人もいるよね・・・と言葉を濁した。性感マッサージからエッチな雰囲気になり、流れでセックスの挿入に至ったのか・・それとも客から懇願されたのか・・真実はわからないが、ないとは言い切れない。

こればかりは第三者はわからないのだ。

どちらから本番を働きかけたかは関係無く、やったかどうかは関係なく、客は不快に感じると、本番強要されたと言うことだってあるのだ。

本番営業の落とし穴

女性向け風俗と関わっていると、本番の話はよく出る。やはり皆気になるところであり、今後店舗数が増加するにつれ、問題になる点だろう。

しかし、もし本番営業して客が満足したとしても、次回も同じ対応が出来るかと言えばそうではない。

射精するのは限界がある。若いキャストでもせいぜい1日に3回が限度だ。1日に数件予約が入っていたら、毎回ビンビンに勃起して射精まで至るのは無理だろう。

1970年代から2000年代にかけて女性向けのソープランドが出来ては消えてを繰り返してきたが、閉店した理由は、男性キャストの体力が一番の問題だったと言われている。

また、挿入で体が一つになると、女性は相手に感情移入しやすくなる。キャストに恋をしてしまいやすくなるのだ。

そうなると、他客に嫉妬することもあるし、その嫉妬の先には客剥がしや嫌がらせ、最悪の場合個人情報の暴露もあり得る。

女性の嫉妬は怖い。

最後に

本番については、キャストからだけではなく、客から懇願することもあるのだそう。

女性向け風俗が世に浸透するためには、キャストがこの現状を知り、お店が徹底指導を行い、健全な優良店が増えることが重要だ。

 

この記事を書いた人

樹里
美容を突き詰めた結果、内面から若くきれいになる為に性感マッサージが有効だと知り女性向け風俗を利用し始める。過去には某スポーツ選手、格闘家、外国人モデル・・・多くの男性と出会ってきた。現在も日々変化や刺激ある生活を求め、美容、セックス 、全てに興味津々で貪欲なライター。