• 徹底排除宣言

ずっとセックス・オナニーしなかったらどうなる?女のカラダのこと

独身女性で、とくに恋人もおらず平和に暮らしている人も多いでしょう。もちろん、結婚しなければいけない、恋愛しなければいけない、ということはないので、それで幸せであれば何も問題ありません。

しかし、時々考えることがあります。「このまま死ぬまで、セックスやオナニーをしなかった場合、体はどうなるのだろうか?」と。今まで一度も性体験のない女性もいるでしょう。今回は、セックスやオナニーをしなかった場合の女性の体についてご紹介します。

1、セックスしないのは健康に悪影響?

セックスをする相手がいない、オナニーしたいという気分にならない、など色々な理由で実施していない女性はたくさんいます。仕事が忙しくて時間がない、個室がないからプライベートな行為ができない、という場合もあるでしょう。

男性の場合、健康のために射精を行う必要があると言われていますが、女性の場合はどうなのでしょうか。結論から言えば、セックスやオナニーをしないからと言って、不健康になるということはありません。

一般的には「セックスやオナニーをすることによって女性ホルモンが分泌され、心身が安定する効果がある」とは言われています。しかし、セックスやオナニーをしないから不健康になる、というデータはありません。

よく、性体験のない人はガンになりやすいとか、自律神経が乱れる、ということを耳にしますが、データ上ではそのような事実はありません。

2、セックスしないと生理が重くなる?

セックスをしないと生理が重くなり、腹痛などの症状が出る、という噂もありますが、これも嘘です。月経の症状の重さには個人差があり、セックスによって改善するとは考えられません。

ただし、ホルモンバランスが崩れている人の場合、セックスやオナニーによって快感を得ることで、多少症状が改善したように感じられることはあるかもしれません。

しかし、月経の諸症状(痛みや不快感)がある場合は、その影に何かしらの疾患が隠れている可能性もあるため「どうせただの生理痛」と思わず、婦人科を受診してみましょう。

3、使わないと女性器が劣化する?

女性器を使わないと劣化してしまう、と思っている人も多いですが、セックスやオナニーをしていないために劣化してしまう、ということはありません。ただし、加齢による女性器の変化は避けられません。

加齢による変化は、セックスをしていてもいなくても同じです。また「濡れない」というのは、ヴァギナへの血流量によって決まるので、潤いが足りない場合は年齢に関係なく潤滑剤(ローション)を使用しましょう。

4、セックス未経験のままだと?

生まれてから今まで一度もセックスの経験がない、という人も多いです。珍しいことではなく、多くの女性がセックス未経験のまま成人しています。もちろん、セックスやオナニーの経験がなくても、人体に影響はありません。

ただし、男性と接触してドキドキしたり、誰かに恋をしたり、またエッチなことを考えてオナニーすることによって、女性ホルモンが分泌されて、幸福感を感じたり、肌の調子が良くなったり、と言った良い効果を得ることができます。

セックスをしないから不健康になるわけではありませんが、セックスをすることによって良い効果を感じることができることから、セックスはサプリメントのような効果があると言えます。

もちろんこれは、愛している人とのセックスに限定されることではないので、恋人やパートナーに限らずとも、ひとりでオナニーしてもいいですし、女性用の風俗を利用することでも効果はあります。

「性体験が一度もない=悪いこと」ではなく、もし今まで経験がなかったとしたら、何かしらの形で経験することによって良い効果を実感することができる、ということです。

結論:セックスやオナニーはした方が得!

セックスやオナニーは、しなくても死にません。また、しないから病気になるということもありません。とは言え「したいのに我慢している」というのは体に悪いですし「一切エッチな気持ちにならない」というのも考えものです。

実際、パートナーとのセックス中に、体の異変に気がついて病院にいったら病気とわかり、早期に治療できたというケースがあります。

セックスやオナニーによって幸福感を得られ、精神的に安定したり、ホルモンバランスが改善して美容効果があったり、とお得なことがいっぱいです。

しようか、しないか、と悩んだら間違いなくした方が充実した人生を送れるでしょう。また、女性の場合「ただ性行為をする」のではなく、そこに愛情があったり、気持ちよさを追求することにより満足感が得られるので、相手に合わせてイったフリをしたり、嫌いな人と性行為するのはやめましょう。

この記事を書いた人

福永ちせ
1983年生まれ、ライター。